スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
大学通信教育制度について
通信教育による大学教育制度は、社会人が入学することが前提に考えられています。大学通信教育制度は、昭和22年に学校教育法によって制度化され、昭和25年には正規の大学教育課程として認可されました。大学教育を受ける人の年齢・職業・学歴・居住地域・学習動機はさまざまです。現在、全国でおよそ28万人もの方が学んでいます。

さて大学通信教育制度は、通学による大学教育と授業形態が異なります。社会人が働きながら学べるようにとの大学通信教育のコンセプトからです。大学通信教育の学習の仕方は、印刷教材等による授業(自己学習)が中心です。これに加えて印刷教材等による授業だけでは学習が不十分ですので、面接授業(スクーリング)や放送授業(主に放送大学が実施)、インターネットによる授業が行われています。

そして、大学通信教育で取得が可能な資格には、教員・保育士・学校図書館司書教諭・図書館司書・博物館学芸員・測量士補・社会福祉主事・児童指導員・訪問介護員などがあります。大学や学部によって取得が可能な資格に違いがあるので注意してください。また、司法試験・公認会計士試験・税理士試験・不動産鑑定士試験・社会福祉士受験・建築士受験(1級・2級)などの国家試験の一次試験免除や受験資格を取得することが可能です。さらに大学通信教育で大学卒業資格を得ると、公務員上求職の受験資格が与えられます。

最後になりましたが、大学通信教育の問題は卒業率がとても低いことです。病気や仕事の多忙などの理由で学習がつづけられなくなるようです。大学通信教育を卒業した暁には、学士の学位を得ることができます。大学通信教育も正規の大学教育ですので、通学課程の卒業生と何ら変わるところはありません。ぜひ頑張って困難を乗り越え、卒業を果たして欲しいと切に願っております。


債務整理 せどり チーズケーキ 引越し メモリースティック

お気に入りの情報ブログ
暮らしの知恵ブログ

posted by: crown01 | 育児・教育 | 15:30 | - | - |-