Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Sponsored links
New Entries
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
外資系企業の転職で必要な英語力
転職先の企業に外資系を選択したいと思い立った場合、自分の語学能力はどのくらい通用するか気になるのではないでしょうか。英語力に関しては、TOEICで700点以上取れる人に求人を限定しているという外資系もありますが、ぺらぺらに話せなくては仕事にならないほどに語学力が必要となるわけではないようです。

チャーリー・タカ 資産構築法 | 室井正人 年収1億円 | 完全放置型アフィリエイトシステム

仕事がきちんとできる人であるなら、語学力などより優先して評価されるという点は、外資系でも他の会社でも変わりません。ですから英語が多少できなくても外資系企業への転職にチャレンジすることは可能です。外資系を希望する際のよく抱く不安は、業務内容がほとんど英語なのではないかという点です。しかし英語は、意味さえわかってしまえば符号のと大差ありませんので、ポイントさえ把握できれば業務は可能ということがわかると思います。

では、実際外資系企業の社員の英語力というのはどの程度のものなのでしょうか。帰国子女や留学経験者は別としても英語ができるといっても、TOEICは800点程度なのです。これから勉強する意志があれば、特に若い人なら語学力に不安があっても求職希望は無謀ではありません。転職が決まってから英語の勉強に打ち込んでも間に合います。実際に外資系企業に入社してから、仕事に必要な英語を勉強すれば良いのです。

とはいえ、語学力がないままで仕事を続けていくことは、外資系企業ではいろいろ不便を来すかもしれません。話せないよりは話せる方が絶対有利ですし、外国への出張や対外折衝などを任され出世しやすいだろうからです。転職先として外資系企業を考えているという人は、可能なうちに英会話の勉強などをして語学の知識を高め、いざという時に備えておくようにしましょう。

美容と健康に貢献するかもなブログ

posted by: crown01 | 資格・ビジネス | 13:56 | - | - |-
睡眠時間と仕事市場
眠ることと働くことには関連性があるのでしょうか。日本人の睡眠時間は、ここ20年間で短くなり続けていると総務省の「社会生活基本調査」では述べられています。反面、日本人の仕事に振り向ける時間は増加の一途を辿っています。このことは、長時間働き、短時間しか眠らう現状が浮き彫りになっているといえます。

渋谷三代子 テレアポ テクニック | 堀江貴文推薦 動画パソコン教室 | 岩隈栄治 アイアイビズ倶楽部

5年前と比較すると、働く人たちが一日に仕事に使う時間は6時間9分と10分程増えています。労働時間が延びた要因について企業に理由を聞いたところ、しなければならない作業をするためには定められた時間内では終わらないため、というものが50%でした。景気悪化による人員削減のため、人手不足が長時間労働の要因になっているという回答も2割あります。企業の合理化による人員整理や、新規採用を減少させたことで、仕事に長時間かけることが常態化している会社もあります。

しかし、慢性的な人手不足によって睡眠時間を削っても働き続けている人が存在する一方で、仕事につけずに長い間求職中という人が多いことも事実なのです。厚生労働省は、多様就業型のワークシェアリングを通じて雇用機会、労働時間、賃金を労働者で分かち合うことで働く時間を短くしようという取り組みを行っています。しかし短時間正社員では、顧客等の会社外部への対応で支障がある、フルタイム正社員への仕事のしわ寄せがあります。

国内の仕事市場では、このようなトラブルを抱え込んでいる状態といえるでしょう。睡眠時間が少なく、長時間の労働を強いられている人たちの労働時間を、働き口がみつからない人たちと分かち合うことが出来れば、日本の仕事市場はもっと活性化するのではないでしょうか。

スポーツ大好きブログ

posted by: crown01 | 資格・ビジネス | 13:46 | - | - |-
インテリアコーディネーター
インテリアコーディネーターという職業をご存知でしょうか?インテリアコーディネーターとは、インテリアに関する要望に応え、室内のレイアウトをはじめ内装材や家具、照明などに至るまで、快適な住空間をコーディネートするインテリアのスペシャリストです。現代は、ストレス社会と言われるだけあって、暮らしや住まいに癒しを求める人が増えてきました。その流れで、生活スタイルや住空間に自分らしさや個性を求める人も増え始め、その結果、インテリアに関する要望がとても多く寄せられるようになってきました。

それぞれの個性に、できるだけ応えようとするのがインテリアコーディネーターの仕事なのですが、ただ、インテリアコーディネーターに相談する前に、自分で細かく具体的にインテリアをどのようにしたいのかを考える人は少ないようで、ほとんどのインテリアに関する要望が、かなり大雑把だったりします。

そこで、インテリアコーディネーターの出番となるわけです。インテリアコーディネーターは、お客としてやってきた人たちのインテリアに関する要望を具体的にしていき、最終的には、お客様好みのインテリアとして形にしなければなりません。要望を聞いて、それに必要なインテリアに関する情報をお客様に伝え、そしてじっくり話し合いながら一緒にインテリアを作り上げていきます。

インテリアコーディネーターは、女性に非常に人気のある職業ですが、ここ最近では男性のインテリアコーディネーターにもよく出会うようになりました。また、普段の生活の経験が生かせることから、インテリアコーディネーターを目指す主婦の方も多くなってきました。



スキニージーンズ | レディースジャケット | レディースTシャツ
posted by: crown01 | 資格・ビジネス | 11:09 | - | - |-