スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
モッコウバラについて
きれいな花にはとげがある、と言いますが、その代表格がバラ。様々な種類があり、時に可憐に、時に妖艶に咲き乱れるバラの姿は、とげを隠し持っているからこそ美しいのだと言われるほどです。でも、とげのないバラもあるんですよ。それがモッコウバラ、日本では古くから愛されています。

日本で最初の植物図鑑である岩崎灌園の「本草図鑑」にも、モッコウバラは掲載されています。モッコウバラには白い花を咲かせるシロモッコウと、黄色い花のキモッコウがありますが、岩崎灌園が描いたのはシロモッコウ。緩やかにしだれているその姿は、スダレイバラの別名を思い起こさせるものとなっています。

中国原産のモッコウバラは江戸時代に日本に伝わり、1800年代にはバンクシアンローズの名でイギリスに紹介されました。その後フランスへ渡ったモッコウバラは、「バラの画家」として知られるピエール=ジョセフ・ルドゥーテの手で「レディバンクス」という作品になりました。

名前を知らない人も多いほど、あまりにも生活に密着しているモッコウバラ。絵で見てみると、逆に、これがモッコウバラかと新たな発見をさせられることも多々あります。今度街でモッコウバラを見かけたら、手にとってゆっくりと見てみてください。モッコウバラにはとげはありませんから、ご安心を…。
posted by: crown01 | ペット・園芸 | 19:08 | - | - |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:08 | - | - |-