スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
簡単に自作DVDラベルを作ろう
自作DVDラベルとは自分が撮影したお子さんなどのDVDにオリジナルのラベルを作って貼ることです。ラベルがないとせっかく撮影したDVDが何なのか分からなくなってしまいます。そこで自作DVDラベルを作ってしまいましょう。やっとことのない人にとっては難しそうに思えるかもしれませんが、ある程度の機能のあるプリンタがあれば割りに簡単に出来ます。そこで自作DVDラベルの作り方についての情報をご紹介してみます。

簡単に自作DVDラベルを作ろうと思ったら、その前に確認しておかないといけないことがあります。それはプリンターの機能です。お手持ちのプリンターがレーベル印刷対応またはラベル印刷対応のものであるかどうかです。プリンターの種類によっては公式ウェブサイトからドライバーをダウンロードしてインストールすれば自作DVDラベルを作れるものもあります。

Windows標準ソフトの「ペイント」を使うと自作DVDを簡単に作ることが出来ます。まず画像を用意してください。この画像を自作DVDに印刷するためにちょっとだけ調節します。調節するのは画像サイズと解像度です。サイズは幅x高さが500x500ピクセルくらいで、解像度が96x96ドット/インチになるように調節してください。「ペイント」を起動して「ファイル」→「開く」で保存してある画像を開き、「変形」→「キャンバスの色とサイズ」として、サイズと解像度の項目を確認、修正しましょう。次にDVDラベルの型紙を重ねて、型紙のサイズを参考に画像を最終調節します。

極めつけはオリジナルの文字入れです。自作DVDラベルではやはりここまで凝りたいものです。書式バーから文字の色、大きさ、縦書きか横書きか、フォントの種類を選んでください。DVDタイトル、内容、撮影日時、撮影場所、撮影者などを書き込みましょう。あとで整理するときにもとっても役立ちます。次に領域を指定できるのでラベルの外枠をなぞるようにして指定し、CTR+Cか右クリックからコピーをし、キャンパスのサイズを1x1にしてから貼り付けます。最後にプリンタのマニュアル通りにDVDの表面に印刷すれば世界に一つだけの自作DVDラベルが出来上がります。

おすすめサイト
AIUの海外保険なら海外でのアクシデントにも安心
スカイパーフェクTVとCSアンテナ
TBSのショッピングについて
セブンイレブンのDHC商品
ラックスマンのメインアンプ

おすすめ情報ブログ
OLからの雑学発信

posted by: crown01 | 趣味・スポーツ | 16:48 | - | - |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 16:48 | - | - |-