Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
New Entries
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
睡眠時間と仕事市場
眠ることと働くことには関連性があるのでしょうか。日本人の睡眠時間は、ここ20年間で短くなり続けていると総務省の「社会生活基本調査」では述べられています。反面、日本人の仕事に振り向ける時間は増加の一途を辿っています。このことは、長時間働き、短時間しか眠らう現状が浮き彫りになっているといえます。

渋谷三代子 テレアポ テクニック | 堀江貴文推薦 動画パソコン教室 | 岩隈栄治 アイアイビズ倶楽部

5年前と比較すると、働く人たちが一日に仕事に使う時間は6時間9分と10分程増えています。労働時間が延びた要因について企業に理由を聞いたところ、しなければならない作業をするためには定められた時間内では終わらないため、というものが50%でした。景気悪化による人員削減のため、人手不足が長時間労働の要因になっているという回答も2割あります。企業の合理化による人員整理や、新規採用を減少させたことで、仕事に長時間かけることが常態化している会社もあります。

しかし、慢性的な人手不足によって睡眠時間を削っても働き続けている人が存在する一方で、仕事につけずに長い間求職中という人が多いことも事実なのです。厚生労働省は、多様就業型のワークシェアリングを通じて雇用機会、労働時間、賃金を労働者で分かち合うことで働く時間を短くしようという取り組みを行っています。しかし短時間正社員では、顧客等の会社外部への対応で支障がある、フルタイム正社員への仕事のしわ寄せがあります。

国内の仕事市場では、このようなトラブルを抱え込んでいる状態といえるでしょう。睡眠時間が少なく、長時間の労働を強いられている人たちの労働時間を、働き口がみつからない人たちと分かち合うことが出来れば、日本の仕事市場はもっと活性化するのではないでしょうか。

スポーツ大好きブログ

posted by: crown01 | 資格・ビジネス | 13:46 | - | - |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 13:46 | - | - |-