Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
New Entries
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
外資系企業の転職で必要な英語力
転職先の企業に外資系を選択したいと思い立った場合、自分の語学能力はどのくらい通用するか気になるのではないでしょうか。英語力に関しては、TOEICで700点以上取れる人に求人を限定しているという外資系もありますが、ぺらぺらに話せなくては仕事にならないほどに語学力が必要となるわけではないようです。

チャーリー・タカ 資産構築法 | 室井正人 年収1億円 | 完全放置型アフィリエイトシステム

仕事がきちんとできる人であるなら、語学力などより優先して評価されるという点は、外資系でも他の会社でも変わりません。ですから英語が多少できなくても外資系企業への転職にチャレンジすることは可能です。外資系を希望する際のよく抱く不安は、業務内容がほとんど英語なのではないかという点です。しかし英語は、意味さえわかってしまえば符号のと大差ありませんので、ポイントさえ把握できれば業務は可能ということがわかると思います。

では、実際外資系企業の社員の英語力というのはどの程度のものなのでしょうか。帰国子女や留学経験者は別としても英語ができるといっても、TOEICは800点程度なのです。これから勉強する意志があれば、特に若い人なら語学力に不安があっても求職希望は無謀ではありません。転職が決まってから英語の勉強に打ち込んでも間に合います。実際に外資系企業に入社してから、仕事に必要な英語を勉強すれば良いのです。

とはいえ、語学力がないままで仕事を続けていくことは、外資系企業ではいろいろ不便を来すかもしれません。話せないよりは話せる方が絶対有利ですし、外国への出張や対外折衝などを任され出世しやすいだろうからです。転職先として外資系企業を考えているという人は、可能なうちに英会話の勉強などをして語学の知識を高め、いざという時に備えておくようにしましょう。

美容と健康に貢献するかもなブログ

posted by: crown01 | 資格・ビジネス | 13:56 | - | - |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 13:56 | - | - |-